歯の痛みでお悩みの方は

「歯が痛い……」

もしかしたら、虫歯かもしれません。虫歯が悪化する前に、どうぞお早めにご相談ください。痛みを放置していても、解決することはありませんよ。患者様に合わせた治療をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

虫歯の原因

虫歯の治療法についてご紹介する前に、まずは虫歯になってしまう原因をご説明しましょう。以下の4つの原因が重なることで、虫歯リスクが高まっていきます。

虫歯菌

虫歯の直接的な原因です。虫歯菌の出す酸によって、歯が溶けていきます。

糖分

虫歯菌の栄養源! 虫歯菌は糖分を栄養にして歯を溶かす酸をつくり出します。

歯質

歯質の強さは人により異なり、歯質が弱いと虫歯になりやすい傾向にあります。

ブラッシングまでの時間

食事からブラッシングまでの時間が長いほど、虫歯になりやすい環境が長く続きます。

虫歯の進行段階と治療法

虫歯はその症状によりC0~C4の進行レベルに分けられます。以下ではその症状と治療方法をまとめました。ご参考にしてください。

  症状 治療法

C0
脱灰

C0 脱灰

初期の虫歯で、白濁が見られます。痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布などで治癒することがあります。この段階なら歯を削る必要はありません。

C1
エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

歯の一番外側にあるエナメル質の虫歯です。痛みはあまりありません。 虫歯部分を削り、白いレジンという詰め物で治療します。

C2
象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が達した状態です。甘いものや冷たいものを口にすると痛みます。 症状によっては局所麻酔を行い、詰め物などで治療を行います。

C3
神経の虫歯

C3 神経の虫歯

虫歯が神経にまで達した状態です。常に激しい痛みが伴います。 虫歯部分を削り、根管治療を行ってクラウン(被せ物)で保護します。

C4
末期の虫歯

C4 末期の虫歯

虫歯が歯根にまで達した状態です。神経が死んでいるので痛みはありませんが、膿が溜まると再び激痛を伴うようになります。 ここまでくると抜歯を選択するケースが大半です。抜歯後の選択肢としては入れ歯やインプラントがあります。
  • TO PAGE TOP

早期発見・早期治療が大切です

術前

術後

上記のように、虫歯は治療せずに放置しておくことでどんどん悪化していく病気です。異変に気づいた時点でご相談ください。早期発見・早期治療に努めることで、歯へのダメージを抑えることができます。ごく初期の虫歯なら、再石灰化(さいせっかいか:溶かされた歯の表面を元に戻す作用)を促すことで歯を削ることなく治癒できる場合もあります。ただし、再石灰化が期待できるのはごく初期の虫歯のみです。ある程度進行した虫歯の場合は、進行を食い止めるために患部を削る必要があります。

歯がしみる原因は知覚過敏かも……

歯がしみている場合、虫歯ではなく知覚過敏のおそれもあります。知覚過敏とは象牙質が露出し、刺激が神経に伝わりやすくなっている状態です。原因としては、強い歯ぎしりや噛みしめなどで歯に物理的に負荷がかかってエナメル質が摩耗してしまったり、歯周病で歯ぐきが下がり象牙質が露出してしまったりといったことが考えられます。このほかにもさまざまな原因があるため、状況に応じた処置を行う必要があります。虫歯にせよ知覚過敏にせよ治療が必要な症状ですので、まずはお早めにご相談ください。

虫歯を防ぐ一番の対策は予防をすることです。詳しくはこちらから