インプラント治療で噛む機能を取り戻す

虫歯や事故、歯周病など何らかの原因で歯を失ってしまった場合に行うのが、インプラント治療です。歯を失ってしまった部位のあごの骨に人工歯根を埋入し、その上から人工歯を装着。失った歯の機能を補います。

あごの骨に人工歯根を埋め込みますので慣れるまで多少違和感を覚えることもありますが、その期間を過ぎれば自然の歯に匹敵する機能が得られます。

人がものを噛むときの力は想像以上に大きいですが、インプラントであれば骨に固定されているため一般的な入れ歯のようにガタつくことがありません。また人工歯も、最新の歯科技術によって天然歯と比べても遜色のない色や形にすることができます。

さくらデンタルクリニックでは、インプラント治療を院長の森が担当いたします。豊富な実績と経験をもとに、安心・安全で確かな治療をお約束いたします。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療費が高い
  • あごの骨が痩せてしまうことがない
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合やあごの骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 治療費が高額
  • TO PAGE TOP

当院のインプラント治療の特徴

経験豊富なドクターが治療を担当

経験豊富なドクターが治療を担当

インプラント治療は専門的な治療で、なかには困難な症例もあります。また、インプラント手術が不安という方もいらっしゃるでしょう。当院では、豊富な実績と経験を持つ院長の森が治療を担当いたしますので、ご安心ください。

患者様にぴったりのインプラント治療

患者様にぴったりのインプラント治療

インプラントには多数の製品があります。それぞれ特徴が異なるため、当院では様々な症例に対応できるよう複数のインプラントを取り扱い、患者様にぴったりの製品を選定しています。

【製品を使い分けるメリット】

  • 患者様それぞれに合ったインプラントを選択できます
  • スムーズで効率的に進められます
  • 審美性に優れた歯をつくることができます
最新設備を導入

歯科用CT より正確で安全な治療を

当院では患者様の口腔内を正確に把握するため、3次元で撮影できる歯科用CTを導入しております。従来のレントゲンでは診断できなかった細部まで確認できるので、より精密で安全なインプラント治療をご提供できます。

ピエゾサージェリー 軟組織を傷つけない安全な手術を

ピエゾサージェリー 軟組織を傷つけない安全な手術を

骨の状態により骨移植(ご自身の他の部位からの移植)をする場合、ピエゾサージェリーという機器を使用します。通常は骨切削ドリルを使用し、そのドリル振動は患者様にとって不快に感じられるなど多くの欠点がありましたが、ピエゾサージェリーなら3次元超音波振動によって骨を切削できるので不快感が少ないという特徴があります。また、繊細で正確なコントロールができるため安全で傷を少なく抑えられ、回復も早いです。

他院でお断りされた方の治療も対応

他院でお断りされた方の治療も対応

骨が著しく減少している患者様の治療の場合、インプラント周囲の骨をつくる必要があります。通常は骨が少ないとインプラント治療は不可能ですが、当院では骨を増やすための技術を確立しています。骨を増やす造骨法も対応していますので、骨が少ないため他院で治療をお断りされた方もお気軽にご相談ください。
※骨を増やせない状況もありますので、まずは診査を行います

土曜日の集中治療

土曜日の集中治療

当院では土曜日を完全予約日とし、ご希望の方に集中治療を行っています。お仕事などで忙しく時間が取れない方は、ぜひご利用ください。土曜日にじっくりインプラント治療を行います。隣にホテルがあるため、地方からの患者様もたくさんご来院いただいています。

  • TO PAGE TOP

インプラント治療の流れ

カウンセリング

1. カウンセリング

レントゲンなどによる診査を行ったあと、インプラント治療に関するご説明をいたします。十分な診査と綿密な治療計画を立てたうえで患者様に合わせて治療を進めていきますので、不安なことなどがありましたら遠慮なくご質問ください。

人工歯根の埋入

2. 人工歯根の埋入

局部麻酔のもと、あごの骨にチタン製の人工歯根を挿入します。この人工歯根が新しい歯の土台となります。

治癒期間

3. 治癒期間

人工歯根と骨が結合し安定するまで8~24週間待ちます(骨の状態など様々な条件によって期間が異なります)。この間は、仮の歯を使用することができますので、噛むことに大きな支障はありません。

アバットメントの装着

4. アバットメントの装着

人工歯根が完全にあごの骨と結合したら、アバットメント(人工の歯とインプラントを結合するもの)を装着します。個人差はありますが、この状態で1~6週間ほど歯肉の治癒を待ちます。

人工歯の装着

5. 人工歯の装着

医療用セメントを用いて人工歯を装着します。

メインテナンス

6. メインテナンス

人工歯を装着したらインプラント治療は終了となりますが、長持ちさせるためにはメインテナンスが必要です。定期的にご来院いただき、メインテナンスをお受けください。

インプラントに関することはお気軽にご相談ください。 03-5484-8148