お口の健康を守る予防歯科

これまでの歯科治療は「すでに進んでしまった病気をどう治そうか」ということばかりに目が向いていました。しかし今、そういった医療のあり方を反省しようとする流れが起き、「どう治そうか」から「どうすれば予防できるのか」という考え方へと変化しつつあります。というのも、悪くなってからの治療を繰り返してしまうと、お口の健康がどんどん悪化していってしまうからです。

たとえば虫歯治療を考えてみましょう。「虫歯になる→削る」を繰り返した場合、削りすぎて最後には歯がなくなってしまいます。大切な歯を失わないためにも、予防をして虫歯などお口の病気にならないようにしましょう。

歯の大切な役割

  • 食べ物を咀嚼して栄養の吸収を助けます
  • 「歯ざわり」や「歯ごたえ」といった食感を楽しむことができます
  • 正確な発音に欠かせません
  • あごの骨や周囲の筋肉といっしょに表情をつくります
  • しっかり噛みしめることで瞬発的な力も発揮します

このように、歯には大切な役割があります。大切な歯を守るためにも、予防歯科で歯の健康を守りましょう。

当院の予防メニュー

PMTC

PMTC

PMTC(Professional Medical Tooth Cleaning)は歯科医院で行う専門家(歯科医師、歯科衛生士)による歯の清掃のことです。歯の周りや歯と歯ぐきの境界部分には、虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)という細菌のかたまりが存在します。このプラークはバイオフィルムと呼ばれるフィルム状の薄い膜に覆われており、しっかりと歯の表面にへばりついているのです。このためご自宅で行う歯みがきでは、どんなに丁寧にみがいたとしてもプラークの30~40%が残ってしまうといわれています。

PMTCでは特別な清掃器具と薬剤を使用し、コーヒー・お茶の色素やタバコのヤニや歯垢を取り除きます。毎日のホームケアが一番重要ですが、それに加えて1ヶ月~3ヶ月程度のサイクルで定期的にPMTCを受けて、虫歯や歯周病を予防しましょう。

PMTCの流れ

歯垢チェック

1. 歯垢チェック

特にどの部位に汚れが付いているかをチェックします。

ステイン除去

2. ステイン除去

専用器具を使ってヤニや茶渋を取ります。頑固な汚れは塩の粒子を歯面にジェット噴射で吹きつけ除去します(クイックジェット)。

ペースト塗布

3. ペースト塗布

歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗布し、ラバーカップでみがきます。これによりバイオフィルムを除去します。

歯と歯の間の清掃・研磨

4. 歯と歯の間の清掃・研磨

専用器具を使って歯と歯の間を清掃・研磨します。

歯みがき方法の説明

5. 歯みがき方法の説明

効果的な歯みがき方法をお教えします。

PMTCは予防の要

最近の研究によれば、「虫歯や歯周病は、ある特定の細菌によって起こる」ということが分かってきました。つまり、その細菌を減らせば、ほとんどの歯の病気を防げるということです。PMTCを行うことで歯みがきでは取れにくい悪い細菌がいる汚れを徹底的に落とせるので、PMTCは歯の病気の予防において欠かせない処置なのです。
※PMTCと歯石除去は異なります。なお、歯石除去は保険でお受けいただけます。

定期検診

定期検診

専門家が定期的にお口のなかをチェック。ご自身では気がつかない変化を見つけます。定期的にチェックすることでもし病気があった場合でもすぐに発見でき、スムーズに治療できます。

フッ素塗布

フッ素塗布

虫歯に強くするフッ素を歯に塗布する処置です。痛みのない処置なので、歯科医院が苦手という方でも安心してお受けいただけます。

噛み合わせのチェック

噛み合わせのチェック

噛み合わせに乱れがあると歯みがきがしにくいだけでなく、全身の骨格や筋肉のバランスに偏りが出てしまうことがあります。噛み合わせに問題がないかどうかをチェックして、お口の病気予防だけでなく、全身のトラブル予防につなげます。

予防や定期検診に関するお問い合わせはこちらからどうぞ 03-5484-8148